薬

細胞の働きのために

ヘモグロビンの生成

悩む男性

人間は、呼吸によって常に体に酸素を供給していますが、それは全身の細胞が酸素によって働いているからです。つまり酸素の供給がおこなわれなければ、細胞がしっかりと働くことができなくなり、全身の機能が衰えていくのです。しかし、酸素は血液中のヘモグロビンによって全身に運ばれるので、ヘモグロビンの量が少ないと、酸素がたっぷりとあっても細胞の働きは悪くなります。そしてこの状態が、いわゆる貧血です。したがって細胞をしっかりと働かせるには、呼吸をするだけでなく、貧血を防ぐことも大事となるのです。そしてそのために飲まれているのが、鉄分のサプリメントです。ヘモグロビンは鉄分とタンパク質から作られているので、これらを摂取すると、生成量を増やすことができるのです。

ヘム鉄とビタミンC

貧血は、基本的には毎日の食事によって防止することが可能となっています。ただし、栄養バランスのとれた食事にすることが肝心です。具体的には、豚肉や牛肉などを、野菜や果物と一緒に食べる必要があるのです。動物の肉には、タンパク質はもちろん、鉄分の中でも特に人間の体に吸収されやすいヘム鉄が、多く含まれています。そして野菜や果物には、ヘム鉄の吸収率を一層高めるビタミンCが含まれているのです。そのためこれらをバランスよく食べることで、効率よく貧血を防止できるようになるのです。逆に言えば、食事のバランスがとれていないと、貧血のリスクが高まっていくということです。しかしどちらの栄養分も、サプリメントで摂取することが可能となっています。そのため仕事などで忙しく、食生活が乱れがちな人は、貧血による仕事の能率の低下を防ぐためにも、サプリメントを飲むことが大事です。